趣味の読書で本の収納場所を探し回る日々。

子どもの頃から、割と読書(というか活字?)が好きですが、大人になってから自分でお金を稼ぐようになってからは、
欲しい本をたくさん買えるようになり嬉しい反面、その収納場所に段々困るようになってきました。
子どもの頃は、学校や公共の図書館を利用していたので、それほど本が増えることはなかったので、とりあえず持っている
本棚で十分間に合っていましたが、今は家にどれだけあるんだろう??数えたことはありませんが、漫画やその他文庫本などを
合わせたら1,000冊以上はあるかもしれません。
本を買うときには、とりあえず面白いかどうかわからないので、初めて読む作家の場合には、必ず古本を買っています。
気に入れば、その作家さんの出した作品を全て読まないと気が済まないので、作家さんによっては、何十冊も買うことに
なります。そういった時には、大抵古本でそろえているので、それほどの出費にはなりません。
ただし、収納場所が困るんですよね…。
本当なら、自分の部屋の壁面にズラッと並べたいところなのですが、私の部屋には壁がない!!
窓や部屋の入口などで、一面全て壁、という部分がないのです。
しかたなく、あちこちに小さめの本棚や収納棚などを置いて、そこに収納していますが、もうそろそろ、そこも一杯になりそう…。
かくなる上は、父親の書斎に…とも思っていますが、そこにもすでに私の本が200冊以上はあるので、次はどこに置けばいいんだか。
私は本を買うと、その1冊を何回も読み直すので、捨てるという選択肢はないし。
次は、どこに本を置こうかと悩む日々は続きます。アリシアクリニック 全身脱毛